ポンパドールとは?メンズ髪型カタログ!作り方とセット方法【2019年最新】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外のバーバースタイルの中では、トップクラスの人気となっている「ポンパドール」について紹介!

海外ではポンパドールをしている人がたくさんいますが、
日本では、セットが難しかったり、キープするのが大変なためか、意外ととっつきにくヘアースタイル。

ポンパドールの作り方やセット方法、またカタログ集をみて、バーバーでの頼み方などの参考にしてください。

ポンパドールとは?どんな髪型なの?

サイド・バックを刈り上げたり抑えつけたりしてボリュームを失くし、
前髪を立ち上げて出すリーゼントのようなスタイルを、海外ではポンパドールといいます。

ポンパドール夫人

フランス国王ルイ15世の愛人であったポンパドール夫人がいつもしていた髪型。
そこから、“ポンパドール”という名前がついたわけです。

今現在も海外・国内問わず、女性でも前髪を大き目に作り上げたポンパドールのヘアースタイルをしている方は少なくありません。

どちらかというと、メンズというよりも女性になじんでいたヘアースタイルですが、
昨今のバーバースタイルの人気により、メンズでもポンパドールに仕上げる人が急増。

日本では、“リーゼント”と過去に呼ばれていましたが、「リーゼント=昔の不良」というイメージもあってか、
最近は日本のバーバー界でも、ポンパドールと呼ばれるのが普通になってきています。

ポンパドール×ミディアムレングス

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

これこそ「THE・リーゼント」!
アメリカでは、1950~60年代に流行した昔ながらのレトロポンパドール。
全体的に髪の毛を長めにとり、フワッとしたマット感を出しています。

これは、スタイリングがかなり大変。
まずはドライヤーで根本から立ち上げて下地作りをし、さらに髪の毛全体にマット系のポマードを揉みこみ、バランスを調整。
最後にヘアースプレーなどで固めてキープさせるのがポイントです。

ポンパドール×ブラウンカラー

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイド・バックはミドルフェードで短めに刈り上げて、トップ・前髪を立ち上げたポンパドールスタイル。
頭頂部よりも前髪を長めにし、より前方に重さを出すと、今風のバランスになります。

写真モデルのように、茶色ベースのポンパドールもカッコいいですね。
また、ポンパドールは髭との相性もよく、ワイルドな感じを出すには最適なヘアースタイルです。

ポンパドール×無造作スタイル

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

トップ部分をあえてラフに仕上げてたポンパドールは、スタイリングがわりと簡単。
根元はドライヤーで立ち上げるように、まずはベース作り。
マット系のポマードを付けて、手グシか歯が粗めのコームで立ち上げてるようにセットすれば完了です。

シルエットは縦長を意識。トップをなるべく高くすると、トレンド感のあるシルエットになります。

クラシカル×ビッグポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

黒髪といい、ポンパドールのサイズ感といい、クラシカルな雰囲気の印象。
大き目のポンパドールを作るには、ベース作りが重要です。

スタイリング剤を付けるために、
ドライヤーとコームで根元からよく立ち上げて、下地を作ります。
そして、ワックスやポマードを髪の毛全体に揉みこみ、ボリューム感を出しながら、バランスを調整。
最後にハードタイプのヘアスプレーで固めれば完成です。

スリックスタイル×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

前髪部分にそこまでのボリュームを持たせず、後ろに流すヘアースタイル。
ちょうど、スリックバック(オールバック)とポンパドールの中間のような髪型ですね。

サイド部分はフェードカットして、軽さを強調。
スタイリング剤は、写真モデルのようにツヤあり・ハードタイプのポマードを使うとよりフォーマルな雰囲気が出せます。

シェイプアップ×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

こちらも、オールバックとポンパドールの中間のような髪型。
トップ前髪部分はボリュームを出しながらも、後ろに寝かしつけるようなスタイルです。

写真モデルの場合は、
フェイスと髪の毛・髭の境界部分をシェービングしてメリハリ感を作り出しているのが特徴的。
日本人は毛が濃くないため、シェービングでこうした髪型を作り出すのは難しいですが、
バーバースタイル好きな方なら、一度はやってみたいカットですね。

ハイフェード×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

フェード部分を高くして、サイド・バックを長めに刈り上げているポンパドールヘアー。
トップ部分はモヒカンとまではいかないにしても、前方からみると左右の毛の量はかなり少なめ。
レトロ・クラシカルというよりも、スパイキーな雰囲気を出したいなら、フェードを高くするのはアリです。

コームオーバー×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドはローフェードで、トップ部分はポンパドール×コームオーバー(七三分け)の“王道”ともいえるバーバースタイル。
スタイリング剤はツヤ・ハードタイプのポマードを使うのがベスト。
ドライヤーで根本から立ち上げて、さらにブラシでボリューム感を出しましょう。

セパレート部分をよりハッキリと強調したい場合は、ラインを入れるのが手っ取り早いです。

ルーズポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

トップ部分をやや無造作にスタイリングしたナチュラル感のあるポンパドール。
セットには、マットタイプのヘアワックスかポマードで軽さを出すのがベストです。ドライヤーをあてながらスタイリングすると、キープ力が増します。
また、歯の粗いコームでザックリとかき上げながら、自然な毛束感を演出するのもポイントになります。

シェービング×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドはミドル部分までフェードで刈り上げたスタイル。
その上のアンダーカットとの境界部分にシェービングでラインを入れているのが特徴的です。

日本ではあまり見かけませんが、海外では、サイド部分にシェービングラインを入れるのが最近のトレンド。
2019年は日本でも流行るかもしれません。

テーパーカット×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドはテーパーカットし、トップ部分にボリュームをつけたクラシカルなポンパドールです。
テーパーカットとは、徐々に長さを変えるグラデーションを付けたカット方法。
フェードとの違いは、0mmでつなげるかどうかという点です。
0mmでつなげる場合は、フェードカット。長さがある程度ありながらもグラデーションを付けたカット技術をテーパーカット(Taper Cut)といいます。

テーパーカットは長めのフェードスタイルと思っていただければ分かりやすいかと思います。

癖毛パーマ×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドはミドルフェードで、トップ部分は強めの癖毛風パーマをかけたウェーブスタイル。そこまでキメていない自然な雰囲気がグッド。

スタイリング剤はトップ部分のボリュームを出したい場合は、マット系の軽めのヘアワックスがオススメ。ややクラシカル・フォーマルな雰囲気を作りたい時は、ツヤありのポマードを使うのが良いでしょう。

また、写真モデルのように明るめのカラーを入れることで、全体的に軽さが出ます。

個性的ショートポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドに2本のシェービングラインを入れた個性的なポンパドールスタイル。
トップ部分はやや短めにカットされており、そこまで膨らみがないのも特徴的です。

写真モデルのように、髭を長く生やす場合は、頭髪部分をさっぱりとさせることで全体的なバランスが良くなります。

アンダーカット×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイド・バックは1mmほどで刈り上げたツーブロックスタイル。
ハチ周辺まで刈り上げて、しっかりとアンダーカットの雰囲気を出しています。

トップ部分は長さを残し、ボリュームを出したポンパドール。
写真モデルの場合は、スタイリング剤にツヤのある整髪料を使って、エレガンスさを演出しています。

テーパーカット×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://menshairstylesfix.com/pompadour-hairstyles/

サイドはグラデーションをつけながらカットしたテーパーカット。
そして、サイドからトップにかけては、7:3の分け目をしっかりと出したクラシカルなポンパドールを作っています。
また、ツムジから前髪にかけて、徐々に膨らみを出していっているのもポイントです。

ショート×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://www.menshairstylesnow.com/pompadour-hairstyle/

全体的に短めなショート風ポンパドール。
サイドはスキンフェードで刈り上げて、トップは5~7cmの長さ。
モヒカンっぽさも出るスパンキーなスタイル。

ビジネスマンの場合は、スキンフェードだとやや攻めすぎ感がでるため、
サイドはやや長めに。1~2cmほどのテーパーカットにすれば、爽やかなデキるオトコ感が出ます。

ショートスリックバック×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://www.menshairstylesnow.com/pompadour-hairstyle/

短めのオールバック(スリックバック)との中間スタイル。
黒髪であるため、フォーマルな雰囲気がでます。

スタイリング剤は、ツヤの多めのポマードでしっかりとキメるのがオススメ!

ハードパート×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://www.menshairstylesnow.com/pompadour-hairstyle/

サイドは0mmからスタートのスキンフェード。トップとの境目にシェービングでラインを入れ、分け目をしっかりと作り出しています。
トップは長めに残し、ボリューム感のあるポンパドールヘアーを実現。

セットはハードタイプのポマードを使うのが良いでしょう。

スキンフェード×ポンパドール

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:http://machohairstyles.com/best-pompadour-haircut-for-men/

サイドをスキンフェードし、トップをスリップバックぎみのポンパドールにセットしたスタイル。
スキンフェードはやはり濃い目の髭との相性が良いスタイルですね。

髭がないと、なんだか薄いようなイメージになってしまいますが、髭を生やすことでバランスを調整。
スキンフェードするなら、髭はある程度生やしてダンディーな雰囲気を作り出しましょう。

ポンパドール×ハードパート

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:http://machohairstyles.com/best-pompadour-haircut-for-men/2/

サイドはグラデーションで刈り込み、トップを大き目のポンパドールにしたスタイル。
トップ部分は、毛束を出しながらスタイリングしているのがポイント。
毛束を綺麗に出して、ポンパドールやスリックバックを作りたいなら、メッシュコームを使うのが良いでしょう。

また、刈り上げとトップ部分の境界線にシェービングでラインを作っているのもカッコいいですね。

ポンパドール×ネックライン

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://www.menshairstyletrends.com/more-pompadour-haircuts/

2019年夏のバーバースタイルのトレンドとしては、ネックラインのデザインカットです。
後頭部や襟足部分にラインやシェービングでデザインを入れるのが今風。

写真は、ポンパドール×ネックライン×ベアードラインをしたスタイル。
ベースの髪型はトップ部分をマット系ポマードで立たし、やや毛束を出しています。

耳をはさみ、ネックラインと髭部分にラインを入れ、アバンギャルドなポンパドールスタイルにしています。
ラインは数日たつと伸びてしまって分からなくなるため、維持するのは大変ですが、学生の方は文化祭や入学式、社会人の方でも旅行や結婚式など、
ここぞというシーンで入れてみるのもアリかもしれません。

ショートポンパドール×ローフェード

ポンパドール メンズ 髪型
画像出典:https://www.menshairstyletrends.com/new-fade-haircuts/

短めのポンパドールスタイルがベース。
サイドと後頭部は、低めのフェードに刈り上げています。
髭と刈り上げ部分のバランスが絶妙。
ややイカツくはなりますが、日本人でも似合うスタイルです。

ポンパドールにおすすめ!水溶性ポマード

ポンパドールのセットにおすすめの水溶性ポマードが「BABLO POMADE(バブロポマード)」。

日本製ポマードのため、日本人の髪質に合っており、髪の毛を立たしたり、寝かしたり、撫でつけたりと、自由自在にスタイリング可能!
しかも、ホールド力・キープ力がすごく高く、一度スタイリングすれば、1日中崩れません。

また匂いは、柑橘系のフレッシュな香りのあと、バニラ風の甘美な匂いが漂ってきます。
もちろん、水溶性のため、シャンプーで簡単に洗い落とすことができますね。

うーん、まさに!

セット力よし!キープ力よし!香りよし!洗い落ちよし!

の総合力が非常に高い、水溶性ポマード。

ポンパドールのセットにめちゃくちゃオススメです!


BABLO POMADEのamazonページ

管理人絶賛!おすすめポマード
BABLO POMADEでバーバースタイルを完璧セット
BABLO POMADEで
バーバースタイルを完璧セット