ポマードで作る1950年代風オールバックリーゼント【動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポマードを使った1950年代レトロなダンディースタイルに挑戦!

ポンパドール、ツーブロック、オールバック、ルーズリーゼント、アップバングショート、ベリーショート、七三ヘアーなど、男らしさを出したヘアースタイルに、ポマードは最適!

今回は、ポマードでオールバックを作る際のポイントの解説、
さらにYouTubeのスタイリング動画を見ながら、ポマードのセット方法をマスターしましょう。

そもそもオールバックとは?

ポマード オールバック
画像参照:menshairstylestoday

オールバックとは、髪の毛を後方に流し固めたスタイルです。
ちなみに、オールバックは和製英語で、英語だと「スリックバック」などといいます。

日本だと、おじさんや不良の髪型と思われがちのオールバックですが、
海外ですとオシャレな髪型。スリックバックのハリウッドスターなども多数いますね。

特に近年は、ツーブロックやフェードカットスタイルと合わせたオールバックが人気。
フェードカットなどと合わせると、おじさん感は一気になくなり、今っぽいオシャレな髪型になります。

ポマード オールバック
画像参照:menshairstylestoday

また、スタイリング方法も複数あり、セットを変えるだけでだいぶイメージが変わるのもオールバックの魅力。
ビシッと後方にしっかりと固めれば、フォーマルな雰囲気に!
トップに軽くボリュームを出し、縦長シルエットを作れば、ナチュラルなスリップバックスタイルになります。
また、場合によっては、前髪を垂らしてセットすることも可能です。

オールバックの作り方!ポマードでセット

ポマード オールバック

オールバックを作るための方法を紹介します。
まず、綺麗なオールバックを作るためには、ドライヤーでの下地作りが重要です。
タオルドライ程度のやや濡れた髪の毛にドライヤーをあてて、髪の毛全体を後方に流すよう下地を作ります。

サイドがフェードカットなどで短い場合は、特になにもしなくてかまいませんが、
サイドにもある程度の長さがある場合は、ボリュームをなくすために、抑えつけるよう下地作りします。

さらに、アイロンを持っている方は、アイロンを使って、トップとサイドの毛を後方に流せば、なお良し!
下地作りは完璧です。

オールバックの下地ができたら、ポマードを手に取ります。

ポマードはだいたい500円玉分くらいの量を手のひらにとり、なじませます。
ポマードの種類と髪質にもよりますが、ハードタイプのポマードであれば、だいたいこの量でしっかりとセットできます。

綺麗かつキープ力のあるオールバックを作るのポイントとして、
ポマードを髪の毛全体になじませるのが重要。
また、後方にのみ付けていくのではなく、逆方向(後ろから前)に向かってもポマードを付けます。

ジェームスディーン 髪型

そして、最後にコームなどを使ってバランスを整えたら完了。
ポマードを使って、綺麗なオールバックを作ることができます。

ジェームスディーン風のオールバック

続いては、1950年代に流行したジェームスディーン風なオールバックリーゼントのセット方法を紹介します。
以下のようなイメージのオールドスタイルのリーゼントをセットする動画です。

ジェームスディーン 髪型
参照:RollingStone

1950年代レトロなオールバックダンディーヘアー

使う道具は、ヘアドライヤーにカーリングブラシ、コーム。

そして、ポマードです。
この動画で、使っているポマードは海外製の「The Bluebeards Revenge pomade」です。
日本では手に入りませんが、アメリカamazonなので購入することができます。

ゼリータイプのホールド力は固めのタイプ。日本のポマードでももちろん代用できます。

その際に、ホールド力が高めでノビのよいタイプのポマードが良いでしょう。
個人的にはツヤもあった方がカッコいいかと思います。

ポマードを使ったスタイリング方法

ポマード オールバック
参照:YouTube

1、ポマード適量を手に取り、手のひら全体でなじませます。ポマードの量は、人差し指1本で軽くとるくらい。使うポマードにもよりますが、ハードタイプで伸びがよいものであれば、人差し指1本でとるくらいの量でオッケーです。

2、髪の毛の後頭部、頭頂部から前髪にむかって、ポマードをのばしていきます。髪の毛全体、根本につくようにしっかりと、なじませましょう。

3、再び、ポマードを手に取ります。量としては、先ほどよりも少なめでオッケーです。ハードタイプのポマードであれば、人差し指の爪くらいの量でかまいません。

4、再び、手のひら全体で良く伸ばします。そして、今度は逆に前髪をかきあげるようにポマードを塗っていきます。トップにボリューム感を出すなら、空気をいれるようフワリとセット。また、七三風にするなら、斜めに髪の毛全体を流していきます。

5、手ぐしで髪の毛全体の方向感を出していきます。何度もかきあげて、髪の毛全体の大きな流れを作ります。

6、分け目を入れる部分にポイントを付けて、手ぐしで上下にわけます。分ける位置としては、片側の目の中心部あたりがオススメ。バランスよく、分け目ができます。

7、側面と背面のボリュームを落とすために、手ぐしで何度も押さえつけます。

8、続いて、コームを使って、前髪を持ち上げます。こうすることで、綺麗に前髪を立たせることができるのです。さらに、サイドも毛の流れを作り、コームでクセをつけていきます。

9、前髪部分にややボリュームをもたして、頭頂部~背後はボリュームをおさえるのがポイント。

10、分け目部分にコームを入れ、綺麗なラインが出るようスタイリングします。

11、ドライヤーとカーリングブラシを使って、前髪の温風をあてながら、ブラシで巻きつけます。ボリュームを出すよう、上に髪の毛をもっていきます。

12、最後に手の平でバランス・シルエットを調整すれば完了!ジェームスディーンのような1950年代のオールバックスタイルが作れます。

オールバック/リーゼントにおすすめ!水性ポマード

これまでに日本問わず、世界中のポマードやヘアワックスなどを使用してきた本サイトの管理人・ヨシが現在、
最もオススメするポマードはBABLO POMADE(バブロポマード)。

日本製ポマードのため、日本人の髪質に合っており、髪の毛を立たしたり、寝かしたり、撫でつけたりと、自由自在にスタイリング可能!
しかも、ホールド力・キープ力がすごく高く、一度スタイリングすれば、1日中崩れません。

オールバックやリーゼント、ポンパドールなどのバーバースタイルにはとってもオススメ!

また匂いは、柑橘系のフレッシュな香りのあと、バニラ風の甘美な匂いが漂ってきます。
もちろん、水溶性のため、シャンプーで簡単に洗い落とすことができますね。

うーん、まさに!

セット力よし!キープ力よし!香りよし!洗い落ちよし!

の総合力が非常に高い、水溶性ポマード。

めちゃくちゃオススメです!


バブロポマードのamazon公式ページへ

管理人絶賛!おすすめポマード
BABLO POMADEでバーバースタイルを完璧セット
BABLO POMADEで
バーバースタイルを完璧セット