ポマードでオールバックを綺麗にスタイリング【動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールバックには、ジェルよりもポマードやグリースを使うのがオススメです。

ジェルだと、バリバリ固まりすぎてしまうし、フケのようなあの白いカスが出てくるのも問題。
また、ジェルの場合は毛束感が出すぎて、オールバックというより、スーパーサイヤ人のような印象になってしまいます。

なので、オールバックにはポマードやグリースを使うべきです。

ただ、オールバックを綺麗に作るのは意外と難しい…。

そこで、今回は、
北海道登別市(室蘭地区)にある美容室 【ヘアークラブ ワンズオン】の橋本さんがアップしているスタイリング動画を見本に、
ポマードで綺麗なオールバックをスタイリングするテクニックをマスターしましょう!

クックグリース(COCK GREASE)でオールバックに挑戦!

動画ではクックグリース(COCK GREASE XXX)を使って、オールバックにしています。

筆者もオールバックを作るなら、クールグリースGよりもクックグリースが良いかと思います。
やはりセット力がクールグリースGはそこまで強くなく、キープ力がイマイチ。雨や風などでスタイリングが乱れてしまうかも。
その点、クックグリースだとしっかりと髪の毛をホールドできるため、バチっと決まります。

ポマードを全体にしっかりなじませるのがポイント

橋本さんがおっしゃっている通り、ポマード(グリース)でオールバックを作る場合は、
まずは髪の毛全体にポマードをよくなじませます。
前髪からかきあげるようにだけ、ポマードを塗ろうとする人がいますが、それだとしっかりとセットされません。
これはオールバックではなく、リーゼントや七三スタイルでも同じです。

髪の毛全体にポマードを塗るか塗らないかで、その後のキープ力が異なってきます。
まずはどんなヘアースタイルであっても、全体につけることも心がけましょう。

そして、全体に付けたら、バランスを整えていきます。
櫛やコームを使って、前から後ろに髪の毛全体を寝かせていきましょう。

最初は大き目の櫛を使って、全体の髪の毛の流れを作り、最後にコームでしっかりとバランスを整えるのが良いでしょう。
また、コームの粗さによって、雰囲気がだいぶ変わります。
細目だとフォーマルな印象に、粗くすると手ぐしでかき上げたようなラフな印象になります。
シーンによって、コームを使い分けるのもよいかと思います。

また、オールバックを作るためには、
ある程度の長さがないと、しっかり毛が寝ません。短い毛がはねてきてしまいます。
綺麗なオールバックを作るなら、
前髪は眉毛の上くらいまでの長さは欲しいところです。

橋本さんは動画では全体をしっかりと寝かした、「THE・オールバック」スタイルを作りましたが、
やはり迫力があります。任侠映画の出演者みたい。

迫力をもう少し減らしつつも、男気スタイルを作りたいという方は、
トップに少しボリュームを出した、ポンパドールがオススメです。

外人がよくやっているあの髪型。ポンパドール風七三スタイルなどにすれば、かなりオシャレな雰囲気になります。

管理人がオススメする水溶性ポマード

これまでに日本問わず、世界中のポマードやヘアワックスなどを使用してきた本サイトの管理人・ヨシが現在、
最もオススメするポマードはBABLO POMADE(バブロポマード)。

日本製ポマードのため、日本人の髪質に合っており、髪の毛を立たしたり、寝かしたり、撫でつけたりと、自由自在にスタイリング可能!
しかも、ホールド力・キープ力がすごく高く、一度スタイリングすれば、1日中崩れません。

また匂いは、柑橘系のフレッシュな香りのあと、バニラ風の甘美な匂いが漂ってきます。
もちろん、水溶性のため、シャンプーで簡単に洗い落とすことができますね。

うーん、まさに!

セット力よし!キープ力よし!香りよし!洗い落ちよし!

の総合力が非常に高い、水溶性ポマード。

めちゃくちゃオススメです!


バブロポマードのamazon公式ページへ

管理人絶賛!おすすめポマード
BABLO POMADEでバーバースタイルを完璧セット
BABLO POMADEで
バーバースタイルを完璧セット